>

居心地のよい空間に

賃貸物件でも理想のキッチンに

大理石のキッチンは理想ですが、高価だし、頑張ってリフォームしても、原状復帰必須の賃貸物件には割に合わないです。
しかし、大理石風のパネルを使えば、格安で部分的に大理石キッチンが誕生しちゃうのです。
本物の大理石を使った大理石タイルを部分的に使っても、豪華なキッチンになります。
大理石ではなくても、水や油を使うキッチンには、水や油に強いタイルがおススメです。
ただし、タイルの床は、冬場は冷えます。
床暖房対応のタイルもありますので、寒いのが苦手という方は、床暖房を入れるのもよいでしょう。
他にも、抗菌や消臭効果もある塩化ビニル材です。
塩化ビニル材は、デザインが豊富なのが魅力です。
ただし熱に弱いので、床暖房を入れることは出来ないのが難点です。

防カビ、抗菌で清潔洗面所

毎日使う洗面所ですが、気が付かないうちに水がはねていて、毎日掃除しているつもりでも、いつの間にか黒カビが発生していることがあります。
そんな時には、防カビ効果のある床材を使用していれば、お手入れも簡単だと思いませんか。
市販のクッションフロアのシートを張るだけで、簡単に床材がチェンジできます。
クッションフロアは、剥がし易い糊やテープでも簡単に張れます。
この時に、洗濯機の排水溝などがある場合、そこを塞がないように注意することが必要です。
また、賃貸物件の場合は、元の床を剥がすわけにはいかないので、シートの厚み分、段差ができてしまうこともありますのでドアの開閉に差しさわりがないか等考えなければなりません。


この記事をシェアする